So-net無料ブログ作成
検索選択

218:244の今、Little Big Town [その他]

Little Big Townの「 Better Man 」
2016年Release
Country







マスコミに載らない海外記事さんとこより

‘ロシア政府は、クリントン漏洩の情報源ではない’

‘サウジアラビア & カタールが、ISISと、クリントンに資金提供’

世界最大の経済力と軍事力を誇るアメリカの新しいリーダーを決める大統領選挙。その結果は、言うまでもなく世界中に大きな影響を及ぼします。終わりの見えないシリア内戦への介入、ロシアや中国といった大国との関係、世界中で相次ぐテロへの対応など、アメリカ大統領の判断ひとつで事態は大きく左右されます

 とりわけ日本は、現在の安倍政権が極端なまでの「対米従属路線」を取っており、それ以外の選択肢が事実上存在しない状態ですから、大統領選の結果に非常に大きく影響されます。そのうちのひとつが、自民・公明の与党が11月4日(金)に衆院の特別委員会で承認案を強行採決したTPPです。本会議での採決は、米大統領選前に強行されるかと思いきや、農水相の失言問題を理由に、大統領選後に延期されました。ヒラリー有利と一般的に見られていた大統領選が最終盤まできて、もつれ始めたため、様子を見よう、ということになったのではないか、というのが田中宇氏の見立てです。

 TPPに関しては、クリントン氏、トランプ氏ともに現在のところは「反対」の意向を明らかにしています。新しい大統領が、当選後に改めて演説の中で「TPP反対」を宣言すれば、日本の国会での審議にも大きな影響を与えることが予想されます。

新聞やテレビといった既存大手メディアは、政府やスポンサーとなる大手企業、広告代理店のほうばかり向いていて、市民にとって本当に必要な情報を決して報じようとしません。今回、TPPの明白な危険性をほとんどどこの大メディアも正面から報じようとしなかったことからも、そのことは明らかであると思います。NHKは、ラテ欄内で「TPP商機つかめ!!」などと流していました。NHKの「ニュースウオッチ9」という番組です。岩上さんはツイッターでこれを厳しく批判しています。

‘リビアはヒラリー・クリントンの戦争’

アメリカ支配層からすれば、億万長者で不動産事業家のトランプは余りに異端者すぎて、到底ホワイト・ハウスを任せるわけにはゆかないのだ。

わずか数日前のマクラッチー・ニューズの見出しにはこうある。“新たな世論調査で判明 大多数の有権者はクリントンの行為は違法だと考えている”。

米大統領選をにらんだ田中氏の分析は、今回の選挙結果が及ぼす未来について考える手助けになると思います。インタビュー内容は中東情勢の現状にまでおよぶ予定ですが、詳細は後段で城石エマ記者がお伝えするのでぜひ、ご一読ください!

 他方、国内では大統領選を前にTPP承認案と関連法案の衆議院通過を狙っていた与党が、どうやら今日11月8日の本会議での採決を断念したという「朗報」も!

 安倍政権は、米大統領選の前に何が何でもフライング気味にTPP承認案を通してしまい、TPP推進に向けて、米国内のTPP推進努力に「アシスト」したかったようですが、そのもくろみは外れたようで、裁決が強行されるとしても、米大統領選後となりそうです。

 もし、TPPへの反対をヒラリー氏以上に鮮明に主張しているトランプ氏が勝利した場合、それでも安倍政権は強行するのか、できるのか。この点も、俄然、焦点として浮上してきます。

 野党は山本有二農水相の辞任を今も求め一歩も譲らないようですが、目が離せない状況になっています。

 TPPは政府が情報を隠し、大手メディアが真実を伝えることを絶対の「タブー」としてきたため、その危険性が十分に国民に浸透していませんが、それでも反対の声は、日増しに大きくなりつつあります

 国民の反対の声こそ、売国条約TPPに前のめりになっている売国政府の恐れるところです

としている。





ニュースの今218:245で二人のどちらがより嫌いかを決めている最中。
この2,3日になってやっとヒラリーは嘘つきと多くの国民が思っているなどと手のひらを返したような報道をする飼いならされたメディアがホザいている。
素人目に見て国民が1%のための政治に怒っているということなのだと思う。お隣の韓国でも毎度のことと言われながらも怒っている。
借りてきた猫のように怒ってないのは属国のこの国だけ。どうなっとるん?
そして揃って徹底的なトランプ叩きにみるメディアにも今までになく怒っている。
置物の猫のように無表情で怒りもせず空を見つめたままだけの属国の民はすべて諦めてしまった結果なのか?


散々中北鮮の脅威を煽り中古装備を買わされ在庫整理を押し付けられ、おまけに中北鮮の盾にされ続けてきた。
駐留する軍隊は鴨ネギ国家を守っているわけではない前哨基地なだけ。
さてどうやら宗主国の新領主が決まったようだ。
その結果を聞いてか聞かずか下痢ゾーの顔がトイレはどこ?と訴えかけていたように見えたのは私だけだったのか、
これでやっと米露冷戦が終わったという意見もあった。
EU離脱のあとまた一つの転換期を迎えたようだ。
五輪の後の万博?
もう世界は違う次元に歩み始めているのに過去の夢を未だに追いかけている取り残された可哀そうな極東の島国








nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 11

コメント 2

momotaro

次がなかなか出ないぞーって思ってましたら
この記事、未訪問でした。
失礼しました。
by momotaro (2016-11-21 18:46) 

BrerRabbit

momotaroさん、こんばんは。
いつもいつも気にかけていただきましてありがとうございます。9月決算のデータ処理のお手伝いでなかなかご訪問もできておりませんでしたです。
by BrerRabbit (2016-11-22 20:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。