So-net無料ブログ作成
検索選択

んな訳あるかいなぁ~ [その他]

Blaqueの「 when the last teardrops falls 」
1999年Release
ContemporaryR&B






映画ポケモンの中で使われていたとは・・エエ曲ですよ
Midnight Sonsの「 If Only Tears Could Bring You Back 」
1999年Release







Chris Walkerの「 How Do You Heal a Broken Heart 」
2011年Release
R&BSoul







毎度おなじみ
マスコミに載らない海外記事」さんとこに紹介されていたので
以下の2件をコピペしています。

情報操作マスゴミ無視が最強必勝の極意
植草一秀の『知られざる真実』さんとこより

米国大統領選が私たち日本の主権者に与えた最大の教訓は、
メディアの情報操作に騙されるな
ということである。
メディアが流す情報のウソと本当を見分ける能力を
メディアリテラシー

と言う。

今回の米大統領選は米国人のメディアリテラシーの高さを示すものである。
メディアは完全にクリントン支持だった。
そして、トランプ候補に対して集中攻撃、総攻撃を展開した。
これに対してトランプ氏が、メディア情報の偏向を強く訴えたことも効果的だった。
しかし、これと同じ情報操作が日本で実行されたなら、日本の有権者はメディア誘導に流されてしまう可能性が高い。
7月末の東京都知事選では鳥越俊太郎氏に対してメディアが総攻撃した。
メディアの情報操作で80万票が鳥越氏から小池氏に移し替えられたと推定される。
これによって選挙結果が変化したと見られる。
メディアの情報操作には裏がある
理由があるのだ。
ある候補を勝たせること、あるいは、ある候補を当選させないこと
この目的があり、その目的に沿って情報操作が実行される

としている。






街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋さんとこより

今週号、プレイボーイ冒頭記事は「やめちゃえ、TPP!!」
本日発売。
独立の気概ある言論、健在。
お気になりましたら、是非、ご購入を。
僕も少しだけコメントを求められました。
===============
トランプは、早々と投資銀行の代表者を閣僚に据えようとしたり、リーマンショックをもたらしたデリバティブ(金融派生商品)を規制するドッド・フランク法の廃止を打ち出したり、金融資本の支配は止みそうもない。
連日の株高は、トランプを好感するトランプ相場と呼ばれる(汗)。
サンダースが、民主党候補だったら、もう少しは視界が良好だったかも知れない
2015年5月14日に上院で行ったTPA法反対演説、力強く説得的で、かっこいい。

としている。






‘偽ニュース’に対して、何をすべきか
マスコミに載らない海外記事さんとこより

ドナルド・トランプ勝利の後、オバマ大統領が提起し、木曜、ニューヨーク・タイムズの一面で、金曜日に、国際的舞台での新たなホットな話題として喧伝されたのは、インターネットで広められている“偽ニュース”問題だ。
GoogleやFacebookなどの
主要インターネット企業は、そのような記事を検閲し、
違反者とされる連中を罰するよう促されている。
また、
この問題とされるものを管理して、何が本当で、何が本当でないか決めるよう、
“信頼できる”ニュース提供者だとされる連中や巨大ハイテク企業のチームが招集されている


しかし、ここにはより深刻な問題がある。
一体誰が、何か本当で、何が本当ではないと決めることになるのだろうか?
そして - あらゆる側がプロパガンダを広める時代に、主流の“真実”を支持する体制順応は、
一体いつ、筋の通った懐疑論に対する検閲になるのだろう?。

すると、
世界の人々が見たり、聞いたりすることを規制すべく選ばれる“信頼できる”ジャーナリストとは一体誰なのだろう?

政治家、次期大統領ドナルド・トランプなり、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領なり、オバマ大統領なりが、
何が真実で、何が間違いかを判断する事業を始めたら、一層酷いことになるのは間違いない。

TPPマンセーの悲惨な大本営広報部虚報を見ていると悲しくなる。「成立が危うくなった」と、まるで600社の超巨大企業ロビーが乗り移ったような口ぶり。信じれば馬鹿になるしかない
韓国大統領問題が著名スケーターにも及んでいた類の些細なことはしつこく報じる。
TPPはやめにして、そっくりそのまま米日FTAにしましょう。とご挨拶にいったのだろうか。信頼できるというのは、そういうことではあるまいか。
激震で目がさめた時に考えたのは、「まさか福島では?」使用済み燃料プール冷却ポンプが一時止まったのだという。何とも恐ろしいことだ。

としている。






顔も見たくない安倍晋三(視線を合わさないバラク・オバマ)
逝きし世の面影さんとこより

安倍・オバマ、オバマは安倍を見ないでしゃべってる。顔は見たくない。
O「あんた、NYまで出かけてトランプにあったらしいね。今の米国大統領は誰か知っているのかね。トランプは世界を大混乱に招く。知っているのかね」

安倍晋三のように直接会いに行ったのは日本国首相以外に他には誰一人いないのである。日本国だけが例外だった。結果APECサミット会議で安倍晋三は世界各国の首脳から引っ張りダコ、『夕食会でも立ち話でもトランプのの会談内容を聞かれた』と記者会見で大喜びで語っている。
2ヶ月先の2017年1月20日にアメリカ大統領に暴言王のドナルド・トランプが就任することは決まっているが、それまでは今のバラク・オバマがアメリカ大統領であることに間違いない

安倍晋三や麻生太郎などの日本の歴史修正主義の『悪くない日本』は、欧米等のグローバルの価値観では『敗北を認めない日本』と見做されるので非常に危険な行為なのです
勝敗(優劣)を争う選挙や競技スポーツは単純明快な『勝てば官軍負ければ賊軍』の価値観で動いているが、戦争も全く同じ原理で動いていた。
今の一般的な日本人が何となく『良い戦争だ』と思っている日清日露の戦争と、
『悪い戦争』だと思っている第二次世界大戦の違いですが、これは善悪の違いではなくて勝敗の違いに過ぎない

としている。






「メディアの情報操作に騙されるな」これが日本経済新聞に世論調査に関する記事として掲載されているというのが笑えます。あくまで弊社はマトモであると言いたげで・・

んな訳あるかいなぁ~

こんなん電車で読んでたら私には安倍信奉者にしか映りまへんわ
他にも黄泉とか惨刑とかもね

「これと同じ情報操作が日本で実行されたなら、
日本の有権者はメディア誘導に流されてしまう可能性が高い。」

んな訳あるかいなぁ~

あるんやから情けない・・
もし今でもメディアは信頼すべきとでも思っているならそれは悪夢

早朝のM7.4の地震でフクイチの異常は確認できていないを
読み替えれば
フクイチで異常が起きているかどうか調べてる最中やから判らんが正しい。
異常が確認できないから正常と読ませようと意図的に偏向して流している

と思わず突っ込んでしまいましたね



嫌われ者同士の戦いにキラリーよりは血で汚れていないトランプの方がマシと次期宗主国の領主になった。いいのか悪いのか判らんわ素人には・・
だったらヒラリーが良かったのか?

んな訳あるかいなぁ~

メールに選挙資金の出処など既得権益をもつ連中のためにしか働かないババァ
この手のババァは属国にも高市とか丸川とか稲田とか多数いらっしゃるようで
性別が女性というだけの薄汚い男女共同参画野郎

今日の紙面によるとTPPは、
「ぜ~ったい」せえへんからねと言ってるらしいんでこれに関しては一安心か

どこかの属国のバカ議員が宗主国次期領主候補二人共(少し昔の話)に反対しているのは、宗主国に不利なことがわかったからだと云ってるそうで、どうしようもないレベルの集まり、それを真に受けるやつ居る?

んな訳あるかいなぁ~

ところがこの耳で聞いたね、言っときますが室井佑月さんではないですよぉ~
大竹さんと一緒に放送してますが、光浦もう少し賢い人かと思ってましたが・・

話は、ちと脱線します室井佑月さんと◯村太郎との共通点は?
トランプが選ばれることを当てた!
では◯村太郎とはどういう人物?
占い師で「郎害」(過去に二人紹介済)の一人に付け加えられる人物で自称ジャーナリスト


「問題とされるものを管理して、何が本当で、何が本当でないか決める」
属国の従属政権がこれまた喜んで採用しそうな話しだ。属国においては既に相当な部分まで横滑り報道しかなされていない上に、こんなヨタ話が付け加えられたら、それこそ「見せザル言わせザル聞かせザル」目の粗いザルで批判検証など引っかかる余地すらなくなる


たった20分間とはいえ原爆資料館に足を踏み入れ、空から死神を舞い降りさせたのは他のどこでもない我が宗主国であるとは言わなかったとはいえ、任期残りわずかとはいえ今はまだ宗主国領主を飛び越え次期領主と会談ではない雑談をしに行った唯一の僕ちゃん。
誰の目にも一番信用出来ない奴と映ったことに異論はあるまい。
選挙戦のなか、今後とも宜しくとハエのように揉み手しながら対立候補に飛んでいった僕ちゃん。
元KGBの領主にはかる~くあしらわれた僕ちゃん。
対外的国内的にどれだけ矛盾した報道でも恥ずかしげもなく流す僕ちゃん。

んな訳あるかいなぁ~

んな訳あるかいなぁ~では済まないとこまで来てる。

日本の政治と地球の未来さんとこ曰くの「 つつましく平和な東洋の島国 」を目指すべき時なのだ。



nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 2

momotaro

んな訳あるかいなぁ〜
久しぶりのBrerRabbit節を楽しんで来たら、最後は拙ブログに行き着いちゃって、これはびっくり!
襟を正して頑張らなきゃ〜
by momotaro (2016-11-23 18:05) 

BrerRabbit

momotaroさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
いつもながらの論理的で解りやすい解説ついつい引用させていただきましたです。締めはこれにしたかったんですよねぇ~
どうしても・・・
by BrerRabbit (2016-11-23 21:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。